RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
声劇台本038 夏祭り-10年後の約束-が掲載されました♪
劇場の声劇台本置き場にて新しいフリー声劇台本が掲載されました。

夏祭り-10年後の約束-
 
現代風のお話で、夏祭りをテーマにした物語。
幼い頃からずっと一緒だった菊谷 義之清原 詩織。高校の時に受験に失敗し、他の高校へ。
義之詩織とは違うレベルの高校に満足し、そちらへ行くことになり、二人は別々に。
毎年行っていた地域の夏祭りは、高校一年生の時は詩織が寝込んだために行けなかった。
今年こそはと意気込み、二人は1週間前に一緒に行くことを約束する。

楽しみに待っていた二人であったが、突然夏祭りの前日に「夏祭り、行けなくなった」とのメールが義之のもとに届く。頭にきた義之は怒りの電話をかけ、理由を聞こうとするが、詩織は理由も言わず謝るだけ…。


夏祭りの当日。
淡い希望を抱きながら義之は待ち合わせの場所に一人たたずむ。
2時間経過しても来ないのだが、義之は待ち続ける。人込みの中、お面をつけた詩織らしき人物を見つける。義之は追いかけるのだが、詩織義之に気付くと駆け出して逃げ出す。

ついに人気のない林で追い詰め、義之は詩織のお面を奪う。
詩織は泣き腫らした腫れぼったい顔をしていて、目は真っ赤に充血をしていた。
恥ずかしがって見せないようにしていたのだろう。
逃げたのは、来れなくなったと言ったのに待ち合わせよりかなり遅れて来た事と、それでも待っていたこと、泣き腫らした顔を恥ずかしくて見せられなかったから…。

泣いていた理由は、海外留学のため、数日後に引越してしまうため、離れ離れになってしまうことが悲しくてだった。
長期になるため、先は暗く、未来は決して明るいものではなかった。

義之は前向きで、精一杯楽しもうと出店を回る。
そして、10年後にまた会おうと約束する。
もし詩織が来れないのであれば、自分が迎えに行ってやると。

10年後の夏祭りでまた会いましょう…。


といったような内容です。

さて、この作品は7月の季節劇団指定作品の1作品となります。
参加されたい方は目を通しておくといいかもしれません。

夏祭りと言えば…。
と、連想ゲーム(スパイダーなんとか)というのを友人として候補としてあげられたのは、出店関係が多かったですね。
オヤジ狩りとかオタク狩りとか言った者もいましたけどねw

浴衣ですよねー。
夏祭りは浴衣が楽しみです。
色とりどりで、華やかで…女性の美しさが引き立ちます♪
男性は甚平がいいですよ♪
和がとっても素敵です。

夏祭り=浴衣の私の頭。
浴衣画像などお持ちの方お見せ下さいな♪←違うだろってw

というほど好きです。
皆さんは、夏祭りと言ったら何を想像しますか?
author:月宮 東雲, category:声劇台本, 22:00
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:00
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://vdp.jugem.jp/trackback/6